一緒に「奈良・町家の芸術祭 はならぁと」をつくってみませんか?

はならぁと2019 当日サポーター募集

今年で9回目の開催となる「奈良・町家の芸術祭はならぁと」は奈良に暮らしている人々と外から訪れたアーティストが奈良の古い町並みを舞台にそれぞれの地域が持つ豊かな文化や暮らしを過去から未来に繋ぐために、現代アートによって地域活性を推進するアートプロジェクトです。

今年度はフェスティバル型の「こあ」(メインエリア)を宇陀松山エリアで開催。貴重な元芝居小屋「喜楽座」をはじめ、多くの魅力的な空き町家が会場になります。町のそこここで小さな演劇やパフォーマンスを多数起こすことで「喜楽座復活祭」という町全体を大きな劇場に見立て演劇を行います。多くのお客さまを笑顔で気持ちよくお出迎えしましょう。

 

サポーター説明会を開催します

はならぁとでのイベントの説明や、サポーターの1日の動きについての説明会です。
参加を迷っている方や、興味のある方は、お気軽にご参加ください! ※ご予約不要、全日内容は同じです。

●はならぁと事務局(宇陀)での開催
7月16日(火) / 7月23日(火) / 8月6日(火) /8月20日(火) /8月27日(火)
13:00 - 14:00 頃まで
会場:奈良・町家の芸術祭 はならぁと 事務局 〒633-2171 奈良県宇陀市大宇陀上茶 2109
TEL/FAX:0745-80-2312

●maru room(マルルーム)新大宮、奈良市内での開催
7月18(木) / 19(金) / 20(土) / 21(日) / 25(木) / 26(金) /27(土) / 28(日)
13:00 - 14:00 / 17:00 - 18:00
会場 : 〒630-8114 奈良県奈良市芝辻町2丁目6-14  新大宮駅から徒歩5分、JR奈良駅から徒歩15分

 


募集概要

主な仕事

●メインエリアの宇陀松山で開催期間中に受付や作品見守り
●来場者への誘導、簡単な展示説明
●スタンプラリーの配布など

 

募集期間

2019年6月1日(土) 〜 8月31日(土) ※(一次)

 

募集人数

1日6人×6日間

 

活動場所

宇陀松山(奈良県宇陀市大宇陀)内の展示会場
(最寄り駅:近鉄大阪線榛原駅下車/奈良交通「大宇陀」)

 

活動期間

10月18日(金)- 20日(日)、25日(金)- 27日(日)
9:30-16:30(休憩約1時間)

 

応募資格

●年齢・性別・資格不問。現代芸術や奈良の土地、まちづくりに興味がある方大歓迎!
●高校生以下の参加は保護者同伴のに限らせて頂きます。
●事前連絡はメールで行っている為、メールでのやり取りができることが望まれます。
●他のサポーターやスタッフの活動に支障をきたす行為があった場合は、登録や参加をお断りする場合があります。
●土日祝入れる方、できる限り多くのシフトに入ることができる方を優先します。

 

待遇手当

●お弁当と交通費(公共交通機関、自家用車で来られた方のみ。1,500 円/日)を支給いたします。

 


参加方法

下記の方法で、登録用紙(フォーム)に必要事項を記入の上、お申し込みください。
(1)FAX (2)郵送 (3)メール (4)はならぁと公式HP 当日サポーター登録
申込受付後、メールまたは電話で受付完了の連絡を行います。

WEBフォームはこちら

当日サポーター登録フォームはこちらから

FAX・郵送・メール用

当日サポーター登録用紙のダウンロードはこちら

 


発表

募集結果は、応募者全員にメールまたは電話にて連絡いたします。

 

個人情報の取り扱いについて

ご登録いただいた個人情報は「奈良・町家の芸術祭 はならぁと」と、それに関連する取り組みにのみ「奈良・町家の芸術祭 HANARART 実行委員会」及び、実行委員会が参画するまちづくり団体が使用致しますので、ご了承ください。

 

 


 

お問い合わせ
奈良・町家の芸術祭 HANARART 実行委員会 事務局
〒633-2171 奈良県宇陀市大宇陀上茶2109 Tel・Fax : 0745-80-2312/事務局代表 090-9215-6847
Mail : info@hanarart.jp

 

 

 

こんにちは、はならぁと事務局です。

先日は毎年恒例のお掃除会と交流会を開き、少しずつ今年のはならぁと開催に向けて準備が進んできました!

 

今年で9年目の開催を迎えた『はならぁと』。

地域で開かれる芸術祭が恒例化してきた今でも、9年間続いてきた芸術祭は全国的にも多くはないのではないでしょうか。

過去8年間に開催地は15エリアに広がり、空き家の利活用は40軒となりました。これまでのべ400組以上のアーティストの皆様に参加していてだきました。はならぁとを通して作品を紹介し、住民とアーティストが一緒になってイベントを作りあげ、国内外に新たな地域価値の発信を行ってきました。

 

いつも応援してくださっている皆さんのおかげです。本当にありがとうございます!

 

そんな『はならぁと』ですが、実は今、予算が大幅に削減され開催の継続が難しい状況となっています。『はならぁと』がスタートした2011年度の予算額から、2019年度現在75%減となっています。『はならぁと』の予算のほとんどはこれまで奈良県からの負担金を活動の原資としていました。しかし、文化イベントの増加により分配額が減少し、年々予算額が減少しています。
長年支えてくださっている協賛企業のお力添えをはじめ、グッズ販売、助成金申請など、できうる限りの努力を続け、予算が75%減と厳しい状況の中ではありますが、2019年度も開催を決定し、本年度は、クラウドファンディングを行い、資金を確保することにいたしました。

 

7月の寄付募集開始に先駆け、Facebookの非公開ページで今の『はならぁと』の状況やクラウドファウンディングの内容を随時ご報告していく応援ページを立ち上げています!

 

はならぁとクラウドファインディング活動報告
非公開グループ · メンバー5人
グループに参加
はじめまして、こんにちは!  私たちは 、奈良・町家の芸術祭 HANARART 実行委員会です。『奈良・町家の芸術祭 はならぁと』(以下、はならぁと)を開催するために、15地域のまちづくり団体が集まって組織しています。 芸術をきっかけに地域価値を発掘し、奈良県の豊かな文化や暮らしを過去から未来に繋ぐ...

 

上記の「グループに参加」という青いボタンを教えていただければ、参加していただけます。

「『はならぁと』って今、どんな感じ?」

「クラウドファウンディングの内容を知りたいな。」

そんな方は是非お気軽にグループにポチっとご参加ください!

一緒に盛り上げていただければ嬉しいです◎

 

『はならぁと』はこれまでの8年間、「地域」と「芸術」の間で揺れ動きながら、時代や地域のニーズに合わせて、少しづつ形を少しづつ変えながら歩んでまいりました。これまでの道のりは決して楽なものではありませんでしたが、振り返れば、『はならぁと』をきっかけに、奈良に移住をしたアーティスト、結婚をし出産したスタッフ、お店を開いたボランティアメンバー、NPOを立ち上げた地域住民など・・・数字に現れないところにまで、確かな足跡がたくさん残っています。

『はならぁと』の継続開催に向けて、お力添え、どうかよろしくお願い申し上げます。

 

はならぁと事務局でした。

クラウドファウンディングがスタートした際には、また、こちらでご報告いたします!

こんばんは。はならぁと事務局です。

まだ今年は梅雨入りしておらず、恵みの雨が待ち遠しいところです。

 

 さて、6月8日(土)と、急遽16日(土)にこあメイン会場となる建物のお掃除を行いました。

 今回、新たに会場として加わったのは元商店だったところ。はならぁと部や地域団体、住民の皆さん、作品関係者で片付けていきました。

 

 内部は、なかなか雑然としております。

 

 掃除機も大活躍です。

 

 

 ゴミもずいぶんと出ました。

 

 掃除が終わって、みんな晴れやかな表情です!

 笑顔をつくる仕事、それがはならぁとです。

 

 このように、10月の開催(こあえりあ)に向けて着々と準備が進んでおります。会期を楽しみにお待ちください!

 

 早いもので、5月も終わろうとしています。

 おかげさまで今年のはならぁと開催も決定し、各エリアとも準備に動き出しております!

 

 さて、今年のこあエリアは宇陀松山地区での開催です。

 前回開催から早2年が経ちます。メインの会場だった喜楽座は、お掃除前はこんな感じだったのですね。床一面、ものであふれかえっていました。

 

 さて、来月6月8日(土)、今年の会場となる物件のお掃除と交流会を開催します!


★お掃除会と交流会のご案内★

 

 日時:2019年6月8日(土)
    お掃除 10時〜16時(12時〜13時休憩あり)
        集 合 9時50分 まちづくりセンター千軒舎(宇陀市大宇陀拾生1846)
            駐車場は、道の駅宇陀路大宇陀「第2」駐車場を利用ください。
        場 所 宇陀松山地区内
        持ち物 汚れてもよい服装、タオル、昼食、お茶

    交流会 18時〜21時
        集 合 ゲストハウス奈の音(宇陀市大宇陀西山91)
        費 用 参加費2,500円+飲み物代


 参加の申し込みは、6月5日(水)までに info@hanarart.jp までお願いいたします。
 途中参加も大歓迎です!不明な点や当日の急な連絡は、090-9215-6847(事務局携帯)まで。

はならぁと2018 こあ(奈良県吉野町国栖エリア)メイン会場「小南塾跡」のリノベーションを手がけられた吉永 規夫さん(Office for Environment Architecture)さんが、この度「奈良景観デザイン賞 2018」(主催:(一社)奈良県建築士会)において奈良県知事賞およびリノベーション賞を受賞され、先日、授賞式に出席されました!

 

その様子が事務局に届きましたので、ブログでもご紹介します。

 

 

左からコーディネーターの緒方江美さん、N.P.Oの長岩 正一さん、吉永 規夫さん。

改めて、おめでとうございます!

 

改修された「小南家塾跡」は借り手が決まり、新しい活用に向けて進みだしたそうです。これからも、空き町家利活用のきっかけとしてはならぁとが活かされれば嬉しいです。

以上、事務局でした。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • [アートディレクター's コラム 12/2] はならぁと 2015 を終えて
    はならぁと事務局
  • [アートディレクター's コラム 12/2] はならぁと 2015 を終えて
    井浦 聖
  • 第一弾の告知チラシができました!!
    はならぁと事務局
  • 第一弾の告知チラシができました!!
    林佐和子
  • キュレーター&展示作家さんにインタビュー! in 郡山城下町エリア(旧川本邸)
    宝本二三男

Link

Profile

Search

Other